生命保険は本当に入るべきなのか?

日本人の生命保険加入率は8割以上と世界でも有数の加入率です。入っておけば安心、お守り代わりなど保険に加入する理由は人それぞれです。

 

最近、保険の総合相談窓口と称し保険代理店やフィナンシャルプランナーが無料で保険の見直し相談・提案を行っています。大体の内容は、加入時の古いタイプの保険の保険料や保険金額がその人のライフプランにあったものであるかどうかを見直し、既存保険を解約させ新たな保険に入らせるといったものです。

 

中には保険をかけすぎている場合もあり、適正額となることから喜ばれる提案もあります。しかし、本当に保険の組み換えは、その人にとって不可欠なものなのでしょうか? 無料相談のフィナンシャルプランナーや代理店は提案料ではなく保険の手数料を収入源としているのです。

 

当然に保険に加入させたし相談はそのためのツールなのです。そもそも、保険自体が必要なのでしょうか?保険とは大数の法則に基づき成り立っています。要はこのくらいの確率でこのような事故が起こりうるという確率です。

 

逆に言うと保険加入者のほんの数%しか保険事故の対象にならないので成り立っているのです。会社員であれば大きな病気や怪我であっても、社会保険の高額医療費制度で一定額の医療費負担があり、子供がいる場合は遺族年金が支給されます。

 

日本の社会保険料は素晴らしいシステムと言えます。そう考えると、高い生命保険料を払わなくてもよいことになりますし、それだけでは不安という場合も、積立定期預金等でコツコツお金を貯めた方が自分の為に使えコストパフォーマンスが良いとも言えます。

 

生命保険料は生命保険会社の社員の生活費となることを考えればそのコストは莫大です。保険全てを否定するものではありませんが、確率の問題で保険は成り立っていることを考えれば、自分が保険事故に会う可能性が低いともいえます。保険に加入するときはよく考えましょう。

 

関連サイト

なぜ定期保険ではなく終身保険に入るのか?
生命保険に入る人の多くは、終身保険に入ります。ただ終身保険と定期保険では10倍近く保険料が違うことを知っていますか?死んだ時にしか返ってこないのに、保険料を毎月数万円支払うことが、本当に賢い選択なのかをこのサイトで確認して下さい。

 

収入保障保険と所得補償保険の違い
生命保険の1種に収入保障保険という保険があります。これは死んだ後に遺族年金として毎月決まった保険金が支給されるというものです。また所得補償保険という収入保障保険の医療保険版があります。この2つを上手く使い分ければ、終身保険のムダさがよくわかると思います。

 

本当にお得な生命保険の選び方
昔は終身保険がよく売れていました。保険料が高いから保険会社が積極的に薦めていたのももちろんありますが、それだけでは保険会社の人まで入ることはありません。保険会社の伯父さんたちが終身保険に入っていた理由は高金利だったからです。今では違うので、昔とは違う生命保険選びが必要です。